痛くなる前にむし歯治療を

 

むし歯が進行してしまうと、歯の神経を抜かなければなりません。

 

神経の治療は時間がかかりますし、歯がもろくなってしまいます。

痛い!と感じるときにはかなり虫歯が進行してしまっている可能性があります。

・エナメル質のむし歯

自覚症状はほとんどありません。

​治療は一回で終了することができます。

​エナメル質の表層だけのむし歯であれば、唾液中のカルシウムを取り込んで進行しない可能性があります。

・象牙質のむし歯

冷たいものがしみたり、咬んだときに痛みを感じる場合があります。

​むし歯の大きさによっては型どりをして被せものを作るため、治療が複数回必要になります。

・神経まで達するむし歯

冷たいもの、熱いものがしみたり、何もしなくてもズキズキと痛みを感じる場合があります。

​神経を抜かなければならず、継続的な通院が必要になります。​

・歯がなくなるまで進行したむし歯

痛んだり、腫れたりします。歯の根の状態によっては抜かなくてすむ場合もありますが、多くの場合抜歯となってしまいます。抜歯後は入れ歯、ブリッジ、インプラント治療必要になります。

小さな虫歯の治療に関しては、保険が適用される白いプラスチックで治療することもできます。

保険が適応できるかどうかお気軽に相談してください。

​プラスチックによる治療

​金属による治療